新着情報

黒毛和牛/国産豚肉

三月も中旬が過ぎ、花見のベストシーズン到来です。学校では卒業式に入学式の準備など、何かと忙しい季節でもあります。話は変わり、先程、東京五輪の聖火が、ギリシャから日本に到着したNEWSを拝見しました。東京オリンピック開催の是非、現状の新コロナウイルスの状況によっては、賛否両論はあるかと思います。各国の入国審査も厳しい中、日本はどの様に対応していくのでしょうか。それでは、3月の食肉鶏卵をめぐる情勢から見て参りたいと思います。

**************************************************************

 食肉鶏卵関係各種データの速報

 Monthly食肉鶏卵速報(令和2年3月)(PDF : 434KB)

 肉豚生産出荷予測

月予測(令和2年3月13日)(PDF : 46KB)

農林水産省 生産局畜産部食肉鶏卵課

**************************************************************

直近動向

価格推移(豚・旬報)


  東京・大阪市場

 価格推移(牛・旬報)


  東京市場


  大阪市場

 
 JCCネット
**************************************************************
 輸入牛肉卸売価格情報について
 

輸入牛肉卸売価格情報(速報)

 
情報発信元
農畜産業振興機構 畜産振興部 (担当:畜産流通課)
 
**************************************************************

 

肉用子牛取引情報

情報掲載元:農畜産業振興機構 畜産経営対策部 

**************************************************************

気になるNEWS
 

訪日中国人の2.8%が豚肉製品持ち込み、豚熱対策で課題 東京大学など調査

ブタやイノシシに感染する家畜伝染病のアフリカ豚熱が中国などアジア各地で拡大している問題で、訪日中国人の2.8%が豚肉製品を日本へ持ち込んでいることが、東京大学、宮崎大学、日本農業新聞のアンケート調査で分かった。豚肉製品の持ち込みはアフリカ豚肉の侵入源となるが、違法性を認識しないまま日本へ運び込んでいるケースが目立った。

東京大学によると、東京大学大学院農学生命科学研究科の杉浦勝明教授が宮崎大学農学部、日本農業新聞と共同で2019年8~9月、中国人旅行者248人を対象にアンケート調査を実施、豚肉製品の持ち込み状況についてまとめた。

このうち、全体の2.8%に当たる7人が豚肉製品を日本へ持ち込んだと答えた。日本へ入ってきたのはハムやソーセージなどで、1人当たりの持ち込み量は250グラムから2キロに及んだ。7人とも持ち込みが違法であることの認識はなかった。

杉浦教授らがこの調査結果を新型コロナウイルス感染拡大前の訪日中国人観光客数(2018年で約600万人)に当てはめて推計したところ、年間約17万人が豚肉製品を違法に持ち込んでいた可能性があることが分かった。

アフリカ豚熱はブタやイノシシが感染する家畜伝染病で、アフリカ豚熱ウイルスが引き起こす。治療法は確立されていないが、今のところヒトに感染したとする報告はない。20世紀初めにアフリカのケニアで発見され、現在は欧州やアジア、南米に拡大している。

拡大の原因とされているのは、豚肉製品の持ち込み。2018年8月に中国で確認されて以来、日本への侵入が不安視されている。

論文情報:【Preventive Veterinary Medicine】A questionnaire survey of the illegal importation of pork products by air travelers into Japan from China and exploration of causal factors (2020年3月17日 大学ジャーナル オンライン)

*************************************************************** 

 

 東京オリンピックを控えた日本!新コロナに打ち勝ち、安心して平穏な日々を過ごしたいものです。

 

 

 

 

 

お見積もり、お問い合わせは無料でございます。

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

株式会社 中村畜産

〒343-0026 

埼玉県越谷市北越谷2-7-5

TEL:(048)974-1007 FAX:(048)978-1867

http://www.nakamura-chikusan.co.jp/

nakamura@nakamura-chikusan.co.jp

 

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る